仮想マシンのクローンを作成する - JUSTPLAYER インターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / ハイレスポンスプライベートクラウド / 仮想マシンを管理する / 仮想マシンのクローンを作成する

仮想マシンのクローンを作成する

印刷

このページではXen Orchestraの管理画面から、仮想マシンのクローンを作成する方法をご案内しています。

既存の仮想マシンをコピー(複製)することで、新しい仮想マシンを作成できます。仮想マシンを停止せずにクローンを作成したい場合は、スナップショットからクローンを作成することができます。

  • クローンされるのはデータのみで、入れ物としての仮想マシンは新規に作成されます。そのため、以下のものがクローン元の仮想マシンとは異なります。
    • 仮想マシンのUUID
    • MACアドレス
  • クローンの作成では、クローン元の仮想マシンのIPアドレスが共有される場合があります。 クローンを起動する前に、NICがDisconnectedになっているか確認してください。
  • 実行中の仮想マシンのスナップショットのクローンが正しく動作するかどうかは、状況によって異なります。スナップショット作成中にディスクの書き込みがある場合、スナップショットあるいは作成したクローンには書き込み中のデータが含まれていない場合があります。

Full copyとFast Cloneの違い

仮想マシンを複製する方法として、「Full copy」と「Fast Clone」の2つの方法があります。

Full copy:仮想マシンのディスクが完全にコピーされます。
作成に時間がかかりますが、こちらがオススメです。

クローン元の親仮想マシンの複製であるクローンを展開する方法です。 全く新しいディスクイメージで作成します。

Fast Clone : 変更されたブロックのみをディスクに書き込みます。
スナップショットから高速で作成されますが、基本的には使用を推奨しません。

Fast Cloneは、リンクされたVHDクローンディスクを作成するため、テンプレートから作成された仮想マシンは、そのディスクがテンプレートのディスクにリンクされていることになり、非常に高速に作成されます。ただし、Fast Cloneは長いリンクツリーを作成するため、過度に行うとパフォーマンスが低下したり、Cloneとの間の個別操作に制限ができる可能性があります。そのため、基本的には、Full copyを使うことを推奨します。


仮想マシン停止状態からクローンを作成する

1.対象の仮想マシンを停止する

クローン元になる仮想マシンを開き、電源をパワーオフします。

対象の仮想マシンを停止する

仮想マシンの停止方法はこちらをご確認ください。

2.クローンを作成する

「Copy」をクリックします。

クローンを作成する

「Copy VM」というモーダルウィンドウが表示されるので、下記の項目を入力して「OK」をクリックします。

Name 作成する仮想マシンの名前を入力します。
Full copy選択します。
Select SRコピー先のストレージを選択します。
CompressionDisabledを選択します。
Fast clone  選択されていないことを確認します。
クローンを作成する

作成完了後、メッセージの表示は特にありません。


3.作成されたクローンを確認する

作成されたクローンは、仮想マシン一覧から確認できます。

作成されたクローンを確認する

「Filters」から「power_state:running 」を削除し、複製した仮想マシンの名前を入力すると仮想マシンを絞ることができるので、仮想マシン一覧から対象のクローンを探してクリックします。


4.クローン元の仮想マシンを起動する

クローン元の仮想マシンを開き、電源をパワーオンします。

クローン元の仮想マシンを起動する

仮想マシンの起動方法はこちらをご確認ください。


実行中の仮想マシンのスナップショットからクローンを作成する

1.対象のスナップショットを開く

クローン元の仮想マシンを開き、「Snapshots」タブを開きます。スナップショットを新たに作成する場合は、「New snapshot with memory」または「New snapshot」から作成します。

対象のスナップショットを開く

スナップショットは実行中の仮想マシンでも作成することが可能です。スナップショットの作成方法はこちらをご確認ください。


2.クローンを作成する

該当のスナップショットの行の「Create a VM from this snapshot」をクリックします。

クローンを作成する

「Copy VM」というモーダルウィンドウが表示されるので、下記の項目を入力して「OK」をクリックします。

Name 作成する仮想マシンの名前を入力します。
Full copy選択します。
Select SRコピー先のストレージを選択します。
CompressionDisabledを選択します。
Fast clone  選択されていないことを確認します。
クローンを作成する

作成完了後、メッセージの表示は特にありません。


3.作成されたクローンを確認する

作成されたクローンは、仮想マシン一覧から確認できます。

作成されたクローンを確認する

「Filters」から「power_state:running 」を削除し、複製した仮想マシンの名前を入力すると仮想マシンを絞ることができるので、仮想マシン一覧から対象のクローンを探してクリックします。


クラウド型リモートVPNサービス xen-orchestra.html 採用情報 TeraCLOUD 清水エスパルス
Oracle GOLD Partner

ジャストプレイヤーはオラクル認定ゴールドパートナーです。
SPARCをはじめ、オラクル社の製品を用いたクラウド環境の構築、運用をサポートします。


JUSTPLAYER.NE.JP

https://justplayer.ne.jp/

info@justplayer.com

ジャストプレイヤー株式会社
JUSTPLAYER Co.,Ltd.
静岡県静岡市葵区上石町2-4 河村上石町ビル 1F
tel/050-3801-5987 fax/054-251-1757