仮想化ドライバーをインストールする - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / Xen Private Cloud / 仮想マシンを作成する / 仮想化ドライバーをインストールする

仮想化ドライバーをインストールする

このページでは仮想マシンのゲストOSに仮想化ドライバー(Xen-Tools)をインストール方法をご案内しています。

仮想化ドライバーとは、仮想マシンを最適化するためのツールです。I/Oドライバー(準仮想化ドライバーまたはPVドライバー)と管理エージェントで構成されており、仮想化ドライバーをインストールしないとパフォーマンスが大幅に低下します。そのため、ゲストOSのインストール後に、仮想化ドライバーのインストールを必ず行ってください。

仮想化ドライバーがインストールされているか確認する

仮想化ドライバーがインストールされているか確認する

HOME画面の仮想マシンの一覧で、ゲストOSのアイコンがあるかどうかでわかります。

左の画像では、CentOSのアイコンが表示されている「テストサーバ1」には、仮想化ドライバーがインストールされています。

 
XenServer Toolsがインストールされているか確認する_2

仮想マシンの詳細画面でも確認ができます。仮想化ドライバーがインストールされていない場合は、「General」タブに「No Xen tools detected.」と表示されます。

仮想マシンを新規作成後は、仮想化ドライバーがインストールされていないのでインストールしてください。

 

Linux(CentOS6,CentOS7)に仮想化ドライバーをインストールする

「Console」タブを開く

1.「Console」タブを開く

仮想化ドライバーをインストールする仮想マシンの画面を開き、「Console」タブをクリックして開きます。

 

インストールメディアを検索する

2.インストールメディアを検索する

検索窓に「guest」と入力し、候補に出てきた「guest-tools.iso」をクリックします。

 

インストールメディアを選択する

3.インストールメディアを選択する

「guest-tools.iso」が選択されました。

 

マウントする

4.マウントする

/dev/xvdd をマウントします。マウントするディレクトリ(/mnt )に何もファイルがないことを確認し、下記のコマンドを管理者権限で実行します。

$ sudo mount /dev/cdrom/ /mnt/ 
 

XenServer Toolsをインストールする

5.仮想化ドライバーをインストールする

マウントしたディレクトリ(/mnt/Linux/)へ移動し、下記のコマンドでインストール用のシェルスクリプト「install.sh」を管理者権限で実行します。

$ cd /mnt/Linux/
$ sudo  ./install.sh 
 

完了

6.完了

仮想マシンを再起動するとインストールが完了します。下記のコマンドでインストールされていることが確認できます。

$ rpm -qa | grep xe-guest
 

Windows Serverに仮想化ドライバーをインストールする

Windows Serverの場合は下記のURLを確認し、最新のWindows Guest Toolsをダウンロードおよびインストールを行ってください。

https://github.com/xcp-ng/win-pv-drivers/releases