ツールスタックを再起動する - JUSTPLAYER インターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / Xen Private Cloud / ホストを管理する / ツールスタックを再起動する

ツールスタックを再起動する

このページではXen Orchestraの管理画面から、本システムの管理ツールスタックを再起動する方法をご案内しています。

ご注意

ツールスタックの再起動を行うことで、Xen Orchestraから、そのホストが一時的(数分〜数十分程度)に切断されますが、稼働している全ての仮想マシンは影響を受けず、動作し続けます。

ただし、ツールスタックが再起動完了するまでの間、関連する全ての仮想マシンが制御不能(電源のON/OFFやコンソールの取得など)になります。

関連する範囲は、通常のホストであればそのホストに収容された仮想マシン、Xen PoolMasterになっているホストの場合は、全ての仮想マシンが制御不能になります。

通常、行う必要はありませんが、何らかの理由で、「仮想マシンが起動しているはずなのにXen Orchestraで表示されない」「仮想マシンのマイグレーションなどを行った時、実際の稼働状況とXen Orchestraの状況が異なる様に見える」など、Xen Orchestraと実際の状況にズレがおきた時など、なんらかの問題が起こった際の対処方法となります。

手順

ツールスタックを再起動するホストを開く

1.ツールスタックを再起動するホストを開く

メニューの「HOME」から「Host」を選択すると、ホストの一覧が表示されます。一覧からツールスタックを再起動するホストの名前をクリックします。

 

ツールスタックを再起動する

2.ツールスタックを再起動する

開いているホストが間違いないか確認し、「Restart toolstack」をクリックします。クリック後、確認画面は表示されず、すぐ再起動が始まります。

ホストの再起動のボタン「Reboot」と表記が似ているので、押し間違いのないようご注意ください。