不要なバックアップを削除する - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / Xen Private Cloud / 仮想マシンのバックアップと復元 / 不要なバックアップを削除する

不要なバックアップを削除する

このページではXen Orchestraの管理画面から、不要な仮想マシンのバックアップを削除する方法をご案内しています。

不要なバックアップの削除が必要な理由

本システムでは、1時間に1回仮想マシンのバックアップが作成されますが、何らかの理由によりバックアップが途中で止まってしまった際などに不要なファイルが作成されることがあります。そのままにしていても直接的な影響はありませんが、ストレージの容量がバックアップ作成に必要な量より足りなくなると、バックアップに失敗する恐れがありますので注意して管理を行ってください。

削除の判断基準について

  • ファイル名についているバックアップの作成日時を確認し、削除して問題がないものか確認します
  • ご注意
    メニュー「Tasks」を確認し、バックアップの処理が動いていないタイミングで作業を行ってください。バックアップのタイミングについては、お客様ごとに毎時何分に処理されるか決まっています。処理のタイミングを知りたい場合は、弊社サポートまたは担当営業へご連絡ください。

仮想マシン(バックアップ)を削除する

対象のバックアップを開く

1.対象の仮想マシン(バックアップ)を開く

仮想マシン一覧を開き、削除するバックアップの名前をクリックします。

「Filters」から「power_state:running 」を削除し、「Continuous Replication」を入力するとバックアップを絞ることができるので、仮想マシン一覧から対象のバックアップをクリックします。

 

仮想マシン(バックアップ)を削除する

2.仮想マシン(バックアップ)を削除する

「Advanced」タブを開きます。バックアップの名前を確認し問題がないようでしたら、「Remove」をクリックします。

 
仮想マシン(バックアップ)を起動する

「Delete VM」というモーダルウィンドウが表示されます。
本当に削除していいか再度確認し、「OK」をクリックします。


仮想マシン(バックアップ)を削除すると、仮想マシンに紐づくすべてのディスクが削除されます。