不要なスナップショットを削除する - JUSTPLAYER インターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / ハイレスポンスプライベートクラウド / ストレージの容量を空ける / 不要なスナップショットを削除する

不要なスナップショットを削除する

このページではXen Orchestraの管理画面から、スナップショットを削除する方法をご案内しています。
不要と考えられるスナップショットには下記の2種類があります。

不要なスナップショットをそのままにしていても直接的な影響はありませんが、スナップショットがストレージの容量を圧迫しバックアップ作成に必要な空き容量がなくなったり 、1つの仮想マシンで作成可能なスナップショット数(30個)を超えたりし、バックアップに失敗する恐れがありますので必要に応じてお客様で削除してください。

お客様で作成した不要なスナップショットの削除

deletes1.png

1.対象の仮想マシンを開く

メニューの「HOME」から「VMs」を選択すると、仮想マシンの一覧が表示されます。一覧からスナップショットを削除したい仮想マシンをクリックします。

 

deletes2-1.png

2.スナップショットを削除する

「Snapshots」タブを開きます。

 
deletes2-2.png

スナップショット名と作成日を確認し問題がないようでしたら、ゴミ箱マーク(Remove this snapshot)をクリックします。

※システムで自動作成されるスナップショット(名前の頭に[XO Backup ...]がついているもの)は削除しないでください。

 

システムで適切に削除されていないスナップショットの削除

ストレージの残り容量が足りない状況で運用を続けていると、バックアップ時に自動生成したスナップショットが、適切に削除されずに残ることがあります。この適切に削除されなかったスナップショットは、仮想マシンとの結びつきが失われている事が多いため、仮想マシンの管理画面のスナップショット一覧に表示されません。

この場合、ローカルストレージのディスクの一覧から、適切に削除されなかったスナップショットが存在するか確認し、消去する必要があります。

削除の判断基準について

ストレージの一覧から該当のストレージを開き、「Disks」タブから不要なスナップショットを削除します。不要なスナップショットの削除の際は以下の2点を確認してから行ってください。

  • スナップショットである(「Name」にカメラアイコンが付いている)
  • 「VMs」欄が空になっている(仮想マシンに紐付いていないスナップショットである)
  • ご注意
    システムにより、利用中(稼働中)のディスクは原則、「ロック」されているため、現時点で稼働しているVMのディスクは削除できないようになっています。そのため、ここで削除できるディスクはあくまで現時点で利用していないものと考えられますが、この作業は「ディスクの削除作業」となるため、万一の可能性も考え、本システムとは別の手段による最低限のデータ保護をしておくことをお勧めします。(例:ファイルを別のサーバに転送しておく、DBのダンプを別のサーバにコピーしておく、等)
対象のローカルストレージを開く

1.対象のローカルストレージを開く

 

メニューの「HOME」から「Storages」を選択すると、ストレージの一覧が表示されます。一覧から空き容量を確保したいストレージをクリックします。

 

スナップショットを削除する

2.スナップショットを削除する

「Disks」タブを開きます。

 
仮想マシン(バックアップ)を起動する
スナップショット名を確認し問題がないようでしたら、ゴミ箱マーク(Delete selected VDI)をクリックします。
 
Oracle GOLD Partner

ジャストプレイヤーはオラクル認定ゴールドパートナーです。
SPARCをはじめ、オラクル社の製品を用いたクラウド環境の構築、運用をサポートします。