Solaris SPARC クラウドサービス - ジャストプレイヤーインターネットサービス

Top / サービス一覧 / Solaris SPARC クラウドサービス

Solaris SPARC Cloud Service

Solaris SPARCベースのシステムをクラウドへマイグレーション

仮想サーバ単位で安価にSPARC Solarisのクラウドが利用可能なだけでなく、Oracle SPARC Tシリーズ、Oracle Exadata、Oracle SPARC Super Clusterなどのエンジニアド・システムのホスティング、保守管理(MSP)も可能。

コストに応じてSolaris x64と組み合わせたり、Redhat Enterprise Linuxや、Microsoft Windowsのクラウドと組み合わせることも自由に利用できるハイブリッドクラウドです。


新アーキテクチャのSPARCで
Solarisのソフトウェア資産を生かす。

Solaris SPARCで作られたソフトウェア資産。

安価なLinuxやWindowsクラウドに移設できるものがありつつも、コアとなるシステムがSPARCから移設できないことがあります。

対応年数がすぎたSUN Fireや、EnterpriseのOSイメージをそのままデータセンターに移設。クラウドになっても貴重なソフトウエア資産をそのまま生かし続けることができます。


sparc-s7.png
 



Solaris SPARC 仮想プライベートクラウド

データセンター間のネットワークを
結合する。

レイヤー2ベースのデータセンター間接続。

VPNや、クローズドイーサ、ダークファイバーのサービスと組み合わせ、御社社内、あるいは御社のシステムが収容されているデータセンターや別拠点のクラウドサービスの間を、レイヤー2で接続することが可能です。

ラックに格納されたSUN Fireや、Enterpriseの代わりに、小さなネットワーク機器に置き換えていく。

データセンターのラック利用料や、電源の節約など、大きなコストメリットが生まれます。

 

エンジニアド・システムの
ホスティングも。

クラウドではシステムの速度を十分確保できないとき。

たとえばSPARC SuperClusterやExadataなどのエンジニアド・システムを同時にホスティングし、当社クラウドと併用することも可能。

レイヤー2ネットワークなどを接続することで、必要なものを必要なだけつかうことができます。

displaymedia.png
 

40512631_30Y.jpg

Solaris SPARCシステムからの
マイグレーションも。

Solaris SPARCからのマイグレーションには、Solaris SPARCへの深い技術が必要です。Linuxへのマイグレーションは、コストメリットから選択されることが多々ありますが、7~8割は簡単に移設できるものの、残り2~3割の移設に多大なコストが発生します。

ジャストプレイヤーのSolaris SPARC 仮想プライベートクラウドを組み合わせて使うことで、その残り2~3割を、極小化できます。

 

インテグレーションも、
運用も、保守も。

社内にSolaris SPARCが触れるエンジニアがいないが、このSPARCのシステムは動かし続けたい。

そういうニーズのために現状のシステムの解析から、マイグレーション方法をサポート。既存システムからなるべく手を加えない形でのインテグレーションが可能です。

Solaris SPARC 仮想プライベートクラウド
 

sparc_image4.jpg

バックアップやセキュリティも。

クラウドシステムのバックアップは、Oracle SolarisのZFS機能で、意識されることなく地理的に離れた拠点にバックアップ。データの保持性が高まります。

さらに全てのデータセンター拠点は24時間365日の有人監視。ネットワーク的にも安心な設計です。

 

 



 

お問い合わせ・お申し込み

Solaris SPARCまたは各種VPS / クラウドサービスのお問い合わせは下記フォームにてご連絡ください。追って担当者よりご連絡いたします。

貴社名のふりがな*
貴社名*
部署名
お名前のふりがな*
お名前*
電話番号
メールアドレス*
利用されるプラットフォーム*
ご利用OS
利用される台数
レイヤー2クローズドイーサ
既存システムのハードウェア
連絡方法*
備考*