仮想マシンを移行(マイグレーション)する - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / Xen Private Cloud / 仮想マシンを管理する / 仮想マシンを移行(マイグレーション)する

仮想マシンを移行(マイグレーション)する

このページでは仮想マシンを別のホストに移行(マイグレーション)する方法をご案内しています。仮想マシンのマイグレーションには、ライブマイグレーションとオフラインマイグレーションの2つの方法があります。

ライブマイグレーション(XenMotion)

ライブマイグレーションとは、実行中の仮想マシンを停止せず実行したまま、別のホストやストレージへ移行させる機能です。仮想マシンを停止させずに移行が可能なため、サーバ業務の移行に伴うシステム停止時間の短縮が可能です。

「Migrate」をクリックする

1.「Migrate」をクリックする

仮想マシン一覧から移行元の仮想マシンを開き、「Migrate」をクリックします。

 

移行先のホストとストレージを選択する

2.移行先のホストとストレージを選択する

「Migrate VM」というモーダルウィンドウが表示されます。

 
移行先のホストとストレージを選択する_2

下記の移行先の情報を入力して「OK」をクリックします。

  1. ホストを選択します
  2. メインのストレージを選択します
  3. 仮想ディスクごとのストレージを選択します
 
移行先のホストとストレージを選択する_3
タスクが完了すると、画面左上に表示されているホストや、「Disks」タブの仮想ディスクのストレージから移行されていることが確認できます。
 

ライブマイグレーションの失敗について

負荷の大きな仮想マシンのライブマイグレーションは失敗する傾向があり、状況により、仮想マシンがハングアップすることがあります。ハングアップ時には、Xen ToolStackを再起動が必要になったり、最悪の場合、Hostの再起動が必要になることもあるので注意してください。

ライブマイグレーションに比べ、下記のオフラインマイグレーションは確実に成功します。オフラインマイグレーションはダウンタイムが必要になりますが、移設の時間は仮想ディスクのサイズからおよそ想定ができます。

オフラインマイグレーション

オフラインマイグレーションとは、仮想マシンを一旦シャットダウンしてから、別のホストやストレージに移行する機能です。

移行元の仮想マシンを停止する

1.移行元の仮想マシンを停止する

仮想マシン一覧から移行元の仮想マシンを開き、停止します。

仮想マシンの停止方法はこちらをご確認ください。

 

「Migrate」をクリックする

2.「Migrate」をクリックする

「Migrate」をクリックします。

 

移行先のホストとストレージを選択する

3.移行先のホストとストレージを選択する

「Migrate VM」というモーダルウィンドウが表示されます。

 
移行先のホストとストレージを選択する_2

下記の移行先の情報を入力して「OK」をクリックします。

  1. ホストを選択します
  2. メインのストレージを選択します
  3. 仮想ディスクごとのストレージを選択します
 
移行先のホストとストレージを選択する_3
タスクが完了すると、画面左上に表示されているホストや、「Disks」タブの仮想ディスクのストレージから移行されていることが確認できます。
 

移行した仮想マシンを起動する

4.移行した仮想マシンを起動する

仮想マシンの起動方法はこちらをご確認ください。

 

マイグレーション後の仮想マシンのステータスについて

マイグレーションの完了後、仮想マシン一覧から該当の仮想マシンを確認すると、ステータスのアイコンが「running(vm_migrate)(黄色)」になったまま戻らない場合があります。この場合は、ツールスタックの再起動を行ってください。

マイグレーション後の仮想マシンのステータス