DimensionPlusの特徴 - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サービス一覧 / クラウド実績 / DimensionPlus / DimensionPlusの特徴

DimensionPlusの特徴 

DimensionPlusの特徴:全ブロック図

本図は、DimensionPlusのブロック図です。

DP_03-01.jpg

DimensionPlusの特徴:Host Server 

仮想サーバーを駆動させるHost Serverは、USBメモリ(あるいはDVDROM)で起動をし、固有のディスクを持ちません。そのため、Host ServerはディスクレスでRAIDコントローラーがいらず、CPUパワーとメモリ容量さえあれば快適に動作します。

DimensionPlusのUSBメモリはROMとして動作をし、Global Zone(親OS)がブートをすると、rootファイルシステムはRAMDISKで動作します。そのため、下記の特徴を持ちます。

  • 収容サーバーOS上のファイルアクセスのロスタイムがきわめて少ない。
  • FlashROM(USBメモリ)がROMとして動作するため、壊れにくい。
  • ホストの構成情報を別サーバー上に格納するため、ハードウェアの設置後、USBメモリを差し込むだけでインストールが完了する。
  • ハードウェア破損時も、新品に置き換えて、USBメモリをさし替えてマネージメントサーバーにマイグレーション設定をするだけですむ。

DP_03-02.jpg

DimensionPlusの特徴:StorageServer

Storage Serverは、SAN(Storage Area Network)に配置し、仮想サーバーのディスクをすべて担います。

通常、サーバー仮想化システムで利用されるSAN ストレージは、高価でプロプライエタリーなものですが、Solaris 10/OpenSolarisのZFS、iSCSIの機能を使うことで、オープンな技術基盤を利用し、安価に用意することができます。

DimensionPlusのストレージマネージャーは次の特徴を持ちます

  • zfs cloneを利用し、瞬時に仮想サーバー用のディスクボリュームの準備が可能。
  • iSCSIで必要なディスクを、仮想サーバーへexport。
  • ソフトウェア、ミドルウェアインストール済みのテンプレートセットを複数用意することで、インストール済みの環境をすぐにデプロイ可能。

DP_03-03.jpg

ZFS clone技術の特徴

  • 書き換え部分のみディスクを利用するため、ディスクの利用効率が良い。
  • Storage Server上で、共通領域がCacheされやすく、高速。
  • コピーが発生しないため、仮想サーバーのボリューム作成が一瞬でできる。

DimensionPlusの特徴:Management Server

Management Serverは、DimensionPlusのHost Serverと、Storage Serverのリソースを束ね、個々の仮想サーバーをハードリソースへとアタッチする機能を持ちます。

また、Host Serverの構成情報を持ち、稼働状況を管理します。

管理ツール

  • WEBUI、CLIから管理可能

Host Server管理機能

  • ハードウェア情報の取得と管理
  • IPアドレスの配布と管理。
  • Host ServerとStorage Serverのマッピング

仮想サーバ管理機能

  • プロヴィジョニング
    • 仮想サーバの作成、リソース状況変更、別Host Serverへの移転。
  • リソース監視
    • 利用CPU、ディスク、ネットワーク等。

仮想ネットワーク管理

  • VLANのアサイン。
  • IPアドレスの付与等。

DP_03-04.jpg