DimensionPlusまとめ - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サービス一覧 / クラウド実績 / DimensionPlus / DimensionPlusまとめ

DimensionPlusの特徴まとめ 

Sun Solaris コンテナーを利用した高収容率、高効率、低価格の仮想化システム。

  • Solaris コンテナーを利用しているため、リソースの利用効率が良い。
  • Solarisの強力なリソース管理機能により、仮想サーバー単位の負荷を他に影響させにくい。
  • BrandZ機能を利用し、Linux互換(CentOS3,4,5)の作成が可能。
  • 仮想サーバーの作成時間が極めて高速(数十秒でsshログイン可能)
  • 別ホストサーバーへのマイグレーション機能
  • ホストサーバーはディスクレスサーバーでUSBメモリ、DVDROMによるブート。
  • システム全体の値段が極めて安価。
  • 仮想サーバーの仮想ネットワーク構成を含めた構築が可能。
  • ネットワーク、スイッチの2重化に対応。
  • 仮想サーバーの排他配置機能。
  • 2つの仮想サーバーを可能な限り同じ物理ホストサーバーに配置しない機能。
  • この機能により仮想サーバー上でアプリケーションレベルのFailSafeが効果。
  • 仮想サーバーの作成、消去、ステートの表示など、様々な管理がCLIとWEBUIでコントロール可能。
  • オープンな技術を利用。

DimensionPlusのスペック

  • 仮想サーバー対応OS
    • OpenSolaris
    • Solaris 10 (対応予定)
    • 互換Linux ( CentOS 3 / 4 / 5互換)混在可能。ただし、Solaris 10とOpenSolarisは同一ホストサーバーに収容不可能。
  • 動作可能ハードウェア
    • OpenSolaris 2008.11、およびSolaris 10に準ずる。
  • 配布媒体
    • ホストサーバー
      • USBメモリ(要2GB)書き込み用rawファイル(OpenSolaris込み)
      • Solaris 10用コンバートツール(予定)
      • DVD-ROM書き込み用 ISOファイル実費にてDVDROM、USBメモリの配布を予定。
    • マネジメントサーバー、マネジメントサーバー
    • OpenSolaris用IPSサーバーアクセスキー。Pkgコマンドでインストール可能
    • Solaris 10用PKGファイル(予定)
  • ライセンス形態
    • ホストサーバー1ソケットあたり、年間49,000円(予価)
    • マネジメントツール、ストレージ管理ツールは添付。

DimensionPlus構成例2

DimensionPlus構成例2