DimensionPlusの構成例 - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サービス一覧 / クラウド実績 / DimensionPlus / DimensionPlusの構成例

DimensionPlusの構成例

DP_02-01.jpg

次のような構成でサーバーシステムを作成したいとします。

サービス用のWEBサーバー、DBMSはともに二重化し、これに加えてメールサーバーと、テスト用のWEBサーバー、DBMSサーバーがある構成です。

物理サーバーで構成する場合、通常、これらのマシンはすべてRAID1の構成で用意し、サーバーは7台購入します。

 
arrow.jpg
DimensionPlusの仮想サーバー構成で設計する場合も物理サーバーと同じように設計はします。しかし、これらの実際の物理ネットワーク図は次の図の通りです。
 
DP_02-02.jpg

DimensionPlusのシステム構成の基本は、仮想サーバーを収容して駆動させるホストサーバー数台と、仮想サーバーのディスクを収容するストレージサーバー、そしてこれらを管理する管理サーバーです。

ホストサーバーはディスクレスでよいため、高価なRAIDカードや、ホットスワップベイを必要としません。

SAN(Storage Area Network)上にあるストレージサーバーは、システムの要になるため、ディスク信頼性を重視し、利用状況に応じてサイズや速度を想定したサーバーにします。

リソースさえ十分であれば、このセットにもっとたくさんのサーバーや、別サービス用のセットを収容することもできます。