事業案内 - ジャストプレイヤーインターネットサービス

Top / 会社概要 / 事業案内

事業案内

ジャストプレイヤー株式会社は、2001年から続けてきたクラウド技術を基盤に、ソフトウェアとサーバ、ネットワークの総合力で、新しいサービスを提案します。

クラウドソフトウェア制作事業

2001年より開始。ジャストプレイヤー株式会社は、クラウドという言葉が無い時代から、データをインターネット上のサーバに分散させ、様々なデバイスから、ユーザがデータやファイルという概念を意識することなく、利用しようと思ったときに常に利用できる(=自分のデータに意識することなくアクセスできる)ことをコンセプトに、クライアントソフトウェア、サーバソフトウェア共に設計されてきました。

このコンセプトは弊社の社名であるJUSTPLAYERや、ロゴの下に記載されたキャッチコピーである「When You Want Is When You Play」という言葉に表れています。

クラウドインフラ賃貸事業、ホスティング事業

2002年より開始。2003年にはいち早くサーバを仮想化し、NFSやSAN(ストレージエリアネットワーク)、ネットワーク仮想化(VLAN、VxLAN)を取り入れ、業務基盤をクラウドにインテグレーションするサービスを展開しています。

事業例

  • 当社サービスジャストプレイヤーのSolaris SPARC 仮想プライベートクラウド
    • SPARCアーキテクチャのOracle Solaris、LDOMs技術(Oracle VM Servers for SPARC)などを利用し、SPARCアーキテクチャのクラウドサービスや、ホスティングを含めた、ハイブリッドなサービス。x64のSolarisや、CentOS、Redhat Enterprise Linux、Windowsなどを絡めたインフラの構築も可能。
  • 当社サービスジャストプレイヤーのSolaris x64 VPS クラウド
    • Oracle Solaris 11をコアに、Oracle SolarisのZoneインスタンスの賃貸。弊社Dimension Plusテクノロジを元に、データの保持に注力した、エンタープライズクラウドです。
  • VMwareを利用した、CentOS、RedHat Enterprise Linux、Windowsのクラウドプラットフォーム。

ネットワーク、サーバインフラの構築、保守管理業務

クラウドへのインテグレーションおよび保守業務

システム開発、システムインテグレーション業務

最新のWEB技術やDBを用いた様々なWEBシステムを設計・構築します。機能的WEBサイトの構築から、WEBアプリケーションサービス(ASP)の設計、 C/S型リッチクライアントのスマートクライアント化などが実現可能です。

その他の事業