「パブリック+プライベート」日本型ハイブリッドクラウドでクラウド費用を大幅削減! - JUSTPLAYER インターネットサービス

Top / クラウドソリューション / 「パブリック+プライベート」日本型ハイブリッドクラウドでクラウド費用を大幅削減!

「パブリック+プライベート」
日本型ハイブリッドクラウドでクラウド費用を大幅削減!

public1.png

近年、海外では、パブリッククラウドを利用して構築していたシステムを、オンプレミス環境に戻す「オンプレミス回帰」(Cloud Repatriation)への動きが高まっています。自社のサービスをパブリッククラウドに移行したものの、サービス運用にかかる全体のクラウド費用が想像以上に高い、あるいはサービスの成長によりクラウド費用が想定外に増え、競合他社とのコスト競争に勝てないなどの理由で、オンプレミスに回帰する企業が増えているのです。

オンプレミス回帰は完全なる脱クラウドではなく、パブリッククラウドで良かった部分は残し、計算リソースの大半をオンプレミスにしていく部分が、クラウド化以前とは異なります。いわば、クラウドとオンプレミスの両方を使う「ハイブリッドクラウド」が、サービスを支えるインフラを作る鍵となっています。

しかし日本においては、たとえオンプレミスが高速かつ安価だと理解していたとしても、高額なパブリッククラウドを使わざるを得ない状態になっています。それは、ITインフラエンジニア不足からくるマンパワー不足が深刻であること。CAPEXよりもOPEXが好まれる会計的な理由があるためです。

日本においてITサービスの競争力を高める「ハイブリッドクラウド」は、どのように実現すればよいのでしょうか?

その鍵は、プライベートクラウドサービスにあります。

 

意外と安い? プライベートクラウドが鍵を握る!

プライベートクラウドは、その名の通り「所有せずに専有することができる」クラウドサービスです。

パブリッククラウドサービスでは、コンピュートノード(収容コンピュータ)の上に、様々なユーザのインスタンス(ゲストOS)がごちゃまぜになって起動しているため、同一収容の他ユーザのインスタンスが高負荷であると、自分のインスタンスにも影響を受けてしまいます。これを回避する為に、インスタンスを再起動して、負荷の軽い別のホストに移動するなどをする必要があります。

一方、プライベートクラウドの場合、あくまで利用しているのは自分の会社だけですから、重いインスタンスを特定でき、むしろそちらを動いたまま他の箇所に移動することができます。コンピュートノード、ストレージの単位で専有しているため、全てを自分で使い切ることができます。

パブリックとプライベートクラウド

 

またパブリッククラウドとプライベートクラウドでは、費用のかかり方も異なります。

パブリッククラウドの場合、あくまでインスタンスの稼働時間、分の単位で費用がかかるため、利用量を節約するには、不要ならばシャットダウンしたり、データも不要になったら積極的に消していく運用が通常です。いわば利用してる分だけコストがかかるため、スモールスタートができますし、オートスケール機能などで、繁忙期「だけ」インスタンスを立ち上げることもできるので、通常時の費用を押さえることが可能です。ケータイ電話の費用に例えれば、格安SIMの従量プランです。

一方プライベートクラウドは、コンピュートノードのスペックx台数、ストレージのスペックx台数などで費用が確定するため、それ以上のコストがかからないメリットがあります。いわばリソースの「枠」のサイズで費用がかかり、その枠の中では固定料金ということになります。ケータイ電話の費用で例えるなら、かけ放題、使い放題の固定料金に近いイメージです。

つまりは、ケータイ電話の費用と同じように、固定料金よりも沢山使うのならば、割安と言うことになります。

日本におけるプライベートクラウドサービスは、主にSIベンダーが、ユーザ企業専用に構築したものが多数を占めてきました。要求するスペックに合わせて構成のカスタマイズができるため、ニーズに沿ったキャパシティで作成されるメリットがありますが、ワンオフである以上、どうしても割高になる傾向があります。

一方で、ホスティング業者の持つプライベートクラウドは、コスト共々、安価な傾向にありますが、サイズ感的にも小型になるものが多いのが実状です。

ジャストプレイヤーのプライベートクラウドサービスは、もともと大型のシステム向けに作られたサービスです。例えば、Oracle SPARC SuperClusterやExaDataなどのオンプレミスの大型システムと連動し、LinuxやWindowsのインスタンスを大量に使いたいというニーズなどがあります。このようなケースでは、実際に、数百インスタンス、数百テラバイトのサイズを使うことになります。

そのため、SIerが作る大型のプライベートクラウド基盤のように、大容量で、その時代の最速レベル、かつ冗長度の高い設計デザインになっています。

» ジャストプレイヤーのプライベートクラウドジェネレーション

パブリッククラウドとプライベートクラウドの料金比較図

ここで当社プライベートクラウド(ハイレスポンスプライベートクラウド)と、A社M社のパブリッククラウドとの費用の違いを見てみましょう。

棒グラフ(横軸が月額費用参考値、縦軸がVMインスタンスの数)でわかるとおり、当社のハイレスポンスクラウド(図中HR Cloud)は、コンピュートノードのサイズによって定額となるため、少ない容量ででは、パブリッククラウドの方が割安になります。

しかし、わずか8インスタンス(メモリ8GBytesとして換算=合計64GB分)をこえた辺りで、A社よりも安くなり、12インスタンスをこえた辺りで、M社よりも安くなります。

プライベートクラウドの料金は、およそコンピュートノードのメモリの量、つまり枠のサイズで費用が決まるため、合計メモリ容量192GB(48インスタンス弱)、384GB(96インスタンス弱)と、費用が追加されていくことになるので、それ以下であるならば定額使い放題というメリットがあるのです。

 

 

パブリッククラウドのメリットは、そのまま享受しよう!

パブリッククラウドの全てをプライベートクラウドに持って行けば安くなるか?それにはまた別の問題が浮上します。

各社のパブリッククラウドには、各社独自の様々な機能(PaaS/FaaS)があり、それらの機能はプライベートクラウドでは提供されていないためです。

パブリッククラウドとプライベートクラウドのメリットデメリットを比較しましょう。

 パブリッククラウドプライベートクラウド
メリット・スモールスタートできる
・PaaS/FaaSが強く、クラウド会社毎に競争が激しい
・新しいクラウド技術にキャッチアップできる
・費用は従量制料金(月額)なので、インスタンスが少ないうちは安い
・専有で速度が速い
・隔離性が高い(セキュリティ面含む)
・パフォーマンスの最適化がしやすい
・費用は固定料金(月額)なので、インスタンスが少ないうちは高い。
デメリット・PaaS/FaaSを使いすぎると、ベンダロックインが厳しくなる
・様々な新しいクラウド技術を生かせるかどうかは自分次第
・費用は従量制料金(月額)なので、インスタンスが多くなると高い
・IaaSしかない(※)
・サイジングは自分次第
・費用は固定料金(月額)なので、インスタンスが多くなると安い。

プライベートクラウドは基本、IaaSだけなので(※)、OSから上の層はユーザ自体が用意しなくてはなりません。ミドルウェアの全てのを自分達でデプロイしなくてはならない一方で、IaaS上のインスタンスは、パブリッククラウドにも、オンプレミスにも持って行くことができるメリットが生まれます。

一方で、パブリッククラウドにあるPaaS/FaaSインスタンスは、その仕組みさえ理解できれば、開発量を減らすこともできますし、デプロイ作業の量を減らす事もできます。

(※) 別途、ネットワークアプライアンスサービスとして、UTM/FWはFortinet社のFortiGate UTM、ADC/LBはFortiADCの用意はあります。

パブリックとプライベートを組み合わせる

そこで、パブリッククラウドとプライベートクラウドの良い部分を連携して使う方法があります。

多くのパブリッククラウドサービスには、プライベート接続サービスがあるため、これと当社のパブリッククラウドリンクを利用することにより、パブリッククラウドとプライベートクラウドがネットワーク的に接続可能です。

 

 

日本型ハイブリッドクラウドとは?

パブリッククラウドが個別に持つ便利なPaaSを利用しつつ、プライベートクラウドの高速、大容量でコストパフォーマンスの高いIaaSを組み合わせることで、ITエンジニアのマンパワー不足を補いつつ、「所有せずに専有する」OPEXベースのコストを大幅に削減することが可能です。


構成例

A社「スマホアプリ運営会社」の例

A社はパブリッククラウドを利用しながら、スマホアプリをシステム運用している企業です。

会員を集めるためには定期的にTVCMを打つのですが、その度にAuto-Scalingでインスタンスが増えてしまってコストがかさんでしまうので、なんとか出費を抑えられないか?という悩みがありました。

データは基本、ELBで受け付け、アプリケーションサーバに分散。そのデータはパブリッククラウド提供の分散KVSを利用していました。

アプリケーションサーバの負荷は意外に大きく、Auto-Scalingで状況によりインスタンス増えるようには作ってありました。

構成例

そこで、アプリケーションサーバの大半を、当社プライベートクラウドであるハイレスポンスクラウド上に設置。高負荷に耐えられるように、状況に応じてパブリッククラウド上にも増やすことができるようにしましたが、同じコストで数倍のインスタンスをたてることができたため、ハイレスポンスクラウドの中の固定インスタンス数数で十分なリクエストを捌ききることができるようになりました。

またリソースが十分にある為、ステージングサーバやβサーバもプライベートクラウド上に搭載することができただけでなく、別途、当社より提案差し上げたJPクラウドコネクトを利用することで、オフィスまでのプライベート線を確保され、プライベートクラウド上のサーバだけでなく、パブリッククラウド上のサーバの直接管理もできるようになりました。

 

パブリッククラウド側のプライベート接続費が次は徐々に目に付くようになってきたため、次はGSLBによるネットワークの分散を視野に入れているとのことです。

 


プライベートクラウド費用月額例

品名単価個数月額備考
ハイレスポンスクラウド6GS 48Threads/192GBタイプ 最低利用期間3年98,000円3294,000円※合計576GB。約500GB強の仮想マシンの収容が可能。
オプション:インターコネクトストレージ SATA 3.84TB8,000円324,000円※標準は0TBなので必須。3.84TBx3用意
オプション:バックアップ用HDDストレージ 2TB8,000円648,000円※必須オプション。合計12TB用意
パブリッククラウドリンク 200Mbps41,000円141,000円※別途、パブリッククラウド側のプライベート接続サービスの申し込みが必須
JPクラウドコネクトNTTフレッツ光ネクストタイプ最大1Gbps80,000円180,000円※オフィスからプライベートクラウドまでのL2接続線
  487,000円 

※A社利用時は、ハイレスポンスクラウド6Gでのご契約でしたが、上記は、6GSでの商品構成になっております。※初期費用は、概ね月額の2.5ヶ月分となります。

 

本記事の関連サービス

 

クラウド型リモートVPNサービス xen-orchestra.html 採用情報 TeraCLOUD 清水エスパルス
Oracle GOLD Partner

ジャストプレイヤーはオラクル認定ゴールドパートナーです。
SPARCをはじめ、オラクル社の製品を用いたクラウド環境の構築、運用をサポートします。