BE(Boot Environments)の作成方法(Soalris 11) - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サービス一覧 / よくあるご質問(クラウドサービス) / BE(Boot Environments)の作成方法(Soalris 11)

BE(Boot Environments)の作成方法(Soalris 11)

BE(Boot Environments)は以下のコマンドで作成できます。

BEはZFSが提供するスナップショットとクローンを利用した、それぞれが独立して起動可能なOSインスタンスです。

# beadm create beName

主なオプション

-a
作成と同時に、新しく作成されたBEをアクティブにします。デフォルトでは、新しく作成されたBEをアクティブにしません。
-e beName
既存のアクティブでないBEから新しいBEを作成します。入れ子のBEでは、ブート可能なBEのみがこのオプションとともに使用できます。

実行例

BE「Solaris-20180101」を作成します。

# beadm create Solaris-20180101

作成したBEはbeadm listコマンドで表示できます。

# beadm list                        
BE               Flags Mountpoint Space   Policy Created          
--               ----- ---------- -----   ------ -------          
Solaris-20180101 -     -          282.5K  static 2018-01-01 16:24 
Solaris-20170410 NR    /          13.19G  static 2017-04-10 17:26 

Flagは以下を表しています。

N
ブート環境が現在アクティブであること
R
リブート時にアクティブになること

現在アクティブではないBEをアクティブにするときは、beadm activateコマンドを使用します。

# beadm activate beName

beadmコマンドで作成されるBEを保存し続けても、常に起動できるとは限りません。たとえば、アップデート後のOS上で、zfs/zpoolのバージョンをアップデートしたり、Native ZoneのようにGlobal Zoneと依存関係がある場合は、Activateが制限されることがあります。

また、BEはpkgコマンドにより自動的に作成されることもあります。

BE自体はZFSのスナップショットのテクノロジが使われます。beadmコマンドによって作られているスナップショットは、zfsコマンドではなく、beadm destroyを使って削除してください。

スナップショットは数が多くなることで、ストレージの速度が低下することがあるため、適度な削除が必要です。

その他のサブコマンドやオプション等、詳しくはOracleのドキュメントをご参照ください。