SSL-VPN接続方法(FortiClient 6.2の場合) - JUSTPLAYER インターネットサービス

Top / サービス一覧 / よくあるご質問(クラウドサービス) / SSL-VPN接続方法(FortiClient 6.2の場合)

SSL-VPN接続方法(FortiClient 6.2の場合)

このページでは、弊社プライベートクラウドサービスにSSL-VPNで接続する方法をご案内しています。

ご注意
お使いのOSやOSのバージョン・FortiClientのバージョンにより画面が異なる場合があります。
このページでは、Windows 10・FortiClient 6.2の場合を例にご案内しています。
あらかじめ、こちらのページを参考に弊社より発行されたクライアント証明書をインストールする必要があります。また、別途お知らせしたSSL-VPN接続情報をお手元にご用意ください。

FortiClientでSSL-VPN接続をする場合

FortiClientインストーラーをダウンロードする

d001.PNG
1. 公式サイトより、対応するOSのFortiClientインストーラーをダウンロードしてください。
 

FortiClientをインストールする

i001.png
1. ダウンロードしたFortiClientインストーラーを起動します。

手順2の画面になるまでしばらく待ちます。
 

i004.png
2. ライセンス同意書を確認し、同意にチェックをして「次へ」をクリックします。
 

i006.png
3. FortiClient VPNのインストール先を確認して「次へ」をクリックします。
 

i007.png
4. 「インストール」をクリックします。

インストールが始まります。手順5の画面になるまでしばらく待ちます。
 

i005.PNG
5. インストールが完了しました。

引き続き、「SSL-VPNを設定する」へお進みください。
 

SSL-VPNを設定する

s001.png
1. FortiClientを起動し、同意にチェックを入れ「I accept」をクリックします。
 

s002.PNG
2. 「VPN設定」をクリックします。
 

s002.png

3. 「SSL-VPN」タブにて必要事項を入力し、「保存」ボタンをクリックします。

接続名 / 説明わかりやすい名前や説明文を入力します。
リモートGW別途お知らせしたSSL-VPN接続先を入力します。
ポートのカスタム443番ポートの場合はチェックしません。
クライアント証明書チェックし、インストールしたクライアント証明書を選択します。
認証ユーザー名の保存等、運用スタイルにあわせて選択してください。
無効なサーバ証明書の警告を非表示チェックしません。
 

接続する

c001.PNG
1. FortiClientのホーム画面を開き、「VPN名称」から登録した接続設定を選択し、「ユーザー名」と「パスワード」を入力して「接続」ボタンをクリックします。
 

c002.png
2. 接続が完了すると通知が表示されます。
 

切断する

c003.png
1. FortiClientの「切断」ボタンをクリックします。
 

ウェブブラウザーで接続する

ここでは、Windows 10・InternetExplorer 11を使ってSSL-VPN接続する場合を例としています。

1. InternetExplorer 11を起動し、別途お知らせしたSSL-VPN接続先にアクセスします。


ie002.png
2. こちらの手順でインストールしたクライアント証明書が選択されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックします。

※クライアント証明書の選択画面が表示された場合は、こちらの手順でインストールしたクライアント証明書を選択してください。
 

ie003.png

3. 必要事項を入力し、「Login」ボタンをクリックします。

Name別途お知らせしたSSL-VPN接続ユーザー名を入力します。
Password別途お知らせしたSSL-VPN接続パスワードを入力します。
 

ie004.png
4. SSL-VPNポータル画面が表示されます。
 

Oracle GOLD Partner

ジャストプレイヤーはオラクル認定ゴールドパートナーです。
SPARCをはじめ、オラクル社の製品を用いたクラウド環境の構築、運用をサポートします。