Phase2Server Linux Emulation - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / サポート情報 / マニュアル / Phase2Server Linux Emulation

Phase2ServerのLinuxエミュレーションについて

Phase2ServerのCentOSサービスは、堅牢で安定性高いOpenSolarisのKernelの上に動作しております。

このため通常のLinuxにくらべて、次のような特徴があります。

  • Kernelに対するアタックに強い。
    • そもそもKernelがOpenSolarisであるため、Linuxへの攻撃方法が通用しない。
  • ZFSのSnapshot、及びROLLBACKの機能があるため、任意のタイミングにロールバック可能(現在はオペレータ対応)。
  • 仮想マシン外からの改ざん検知ソフトウェアの実行機能。
  • 同一物理サーバに収容された他のマシンからの負荷などの影響が少ない。
  • 物理ネットワークスタックへのアクセス防御
  • 収容された物理マシン破損時に、速やかに別マシンへの移動、及び稼働。

これらのメリットに比べて、次のような制限事項があります。

  • カーネル、ネットワークレイヤーに対する一部のsyscallが動作しない。

ソフトウェアの互換性

動作するソフトウエア

次の物の動作を確認しております(一部抜粋)

  • Apache
  • Perl
    • 一部モジュールでカーネルへのアクセスがある場合、動作しません。
  • PHP
    • 一部モジュールでカーネルへのアクセスがある場合、動作しません。
  • PostgreSQL
  • vsftpd / Proftpd(コンパイルによるテスト)
  • yum / rpmのパッケージャ
  • emacs / vi等のエディタ類
  • gzip / unzip / bzip2などの圧縮ツール
  • gccなどの開発環境
  • openssl
  • openssh

動作しないソフトウエア

  • Flash Media Server
  • samba
  • nfs
  • netstat
    • ルーティングテーブルの参照が出来ません。
  • lsof
  • dmesg
    • /var/log/messageの参照をしてください。