サーバ仮想化ソフトウェア「DimensionPlus(ディメンション・プラス)」の発表について - JUSTPLAYERインターネットサービス

Top / お知らせ / サーバ仮想化ソフトウェア「DimensionPlus(ディメンション・プラス)」の発表について

プレスリリース

2009年1月13日

ジャストプレイヤー株式会社

代表取締役社長 瀧 康史

ジャストプレイヤー株式会社は、OpenSolaris 2008.11・Solaris 10のコンテナ技術を利用し、高収容・高効率な仮想サーバの構築を低コストで実現できる、サーバ仮想化ソフトウェア「DimensionPlus(ディメンション・プラス)」を製品化し、2009年第2四半期に販売開始いたします。

「DimensionPlus(ディメンション・プラス)」は、サン・マイクロシステムズ株式会社のOpenSolaris・Solaris 10が持つコンテナ技術・ZFS等の先進技術を、当社が培ってきたノウハウで連携させることにより、最先端の基盤技術を容易なオペレーションで利用可能にするサーバ仮想化ソフトウェアです。

ハードウェアリソースを最大限に活用し、物理サーバに要求されるスペックを抑えることで、仮想化における初期導入時のコストと運用時の消費電力を大幅に抑制できます。また、容易なオペレーションは迅速な仮想サーバ構築を可能にし、TCO削減を実現します。

「Dimension Plus(ディメンション・プラス)」は、2009年2月19日に開催されるHOSTING-PRO 2009に参考展示いたします。

また、今回の発表について、サン・マイクロシステムズ株式会社 マーケティング統括本部 執行役員 統括本部長 九里 禎久様より、エンドースメントをいただいております。

『サン・マイクロシステムズ株式会社は、ジャストプレイヤー株式会社のOpenSolaris 2008.11およびSolaris 10に対応した「DimensionPlus」の発表を歓迎いたします。OpenSolaris/Solaris の仮想化技術である「Solaris コンテナ」や最先端のファイルシステム 「ZFS」 などを利用し、データセンターのTCO削減や低消費電力を実現可能にする、 まさに時代のニーズに対応した製品の登場に期待しております。』

DimensionPlus(ディメンション・プラス)の主な特徴

DimensionPlusでは、一般的なPCサーバを「ディスクレス」でホストサーバとして利用します。ホストサーバはUSBメモリ(あるいはDVDROM等)で起動し、起動後はrootファイルシステムをRAMDISKに、USBメモリはROMとして利用します。そのため、ホストOSのディスクアクセスのボトルネックが少なく、USBメモリの書き換えによる摩耗がおきません。

マネジメントサーバにホストサーバのハードウェアの構成情報を保存し、ホストサーバの管理から、仮想サーバのプロビジョニング(作成、消去、別ホストサーバへの移転など)、リソースの監視、仮想ネットワーク管理、監視を行うことが出来ます。

ストレージサーバにはOpenSolarisのZFS、iSCSI機能を利用、ストレージマネージャは、ZFSのクローニング機能等の先端技術を利用し、仮想サーバのプロヴィジョニングを強力にアシストします。

その他の主な特徴

  • 一般的なPCサーバで利用することで、極めて安価に仮想化システムを構築可能
  • 仮想サーバを極めて短時間で作成可能(数十秒程度でデプロイ完了し、sshログインが可能)
  • Solaris コンテナ技術等のオープンで実績のある技術を活用した仮想化システム
  • 仮想サーバのマイグレーション(別ホストサーバへの移設)が可能
  • Linux互換の仮想サーバの作成が可能(CentOS互換等)
  • 複数台の仮想サーバを組み合わせたネットワーク構成のデプロイが可能
  • 技術情報詳細

 http://www.justplayer.co.jp/news/DimensionPlus.html

主な仕様

  • 対応OS
    • OpenSolaris 2008.11、Solaris 10(対応予定)
  • ハードウェア最小構成例
    • PCサーバ×3(ホストサーバ、マネジメントサーバ、 ストレージサーバ)
  • 予定価格
    • 1ライセンス 49,000円(税抜)/ホストサーバ1ソケットあたり
  • 販売形態
    • DVDROM、オンライン販売、USBメモリ(予定)
    • (Solaris 10用 pkgファイル、OpenSolaris向けDimensionPlus専用IPSレポジトリ)

構成

  • マネジメントサーバ(1台)
    • 仮想サーバ、ホストサーバ、ストレージサーバの管理を行うサーバ
    • DimensionPlus コンダクション・マネージャ(管理システム・コンソール)が稼働
    • OpenSolaris 2008.11/Solaris 10で動作
  • ホストサーバ(1台~)
    • 仮想サーバを収容するサーバ
    • DimensionPlus ホスト・マネージャが稼働
    • OpenSolaris 2008.11で動作(Solaris 10 対応予定)
    • USBメモリで起動(ディスクレス)
  • ストレージサーバ(1台~)
    • 仮想サーバのルートボリュームを収容するサーバ
    • DimensionPlus ストレージ・マネージャが稼働
    • OpenSolaris 2008.11/Solaris 10で動作
    • ZFSによるファイル管理。iSCSI管理

※最小構成で3台。ストレージサーバ、ホストサーバは複数台でストレージプール、ホストプールを構成可能

ホームページ

ジャストプレイヤー株式会社

 http://www.justplayer.co.jp/

HOSTING-PRO2009公式サイト

 http://hosting-pro.jp/